介護用スロープ、階段の設置

介護保険制度を利用した住宅改修工事を承っております。

宅内の各所へ補助手すりの取り付け。

宅外では主に玄関先の段差解消スロープや階段の、補助手すりの設置など。

現地の状況に合わせてご提案いたします。


 進入口は手前の車庫土間から、玄関ポーチのタイルの所まで、スロープもしくは段差が極力低い階段で上がっていきたいとのことでした。

 現地で採寸したところ、施工できる範囲内でのスロープは勾配が急すぎて、上がっていくのは難しいとのことで、段差の低い階段を設置することになりました。

 

 既存の土留めブロックを解体し、残土を搬出。新しく土留めブロックを積み直します。そして階段を造り両側に補助手すりも設置。

 階段の踏面は出来るだけ広く取り、手すりは利用者様の合わせた高さで設置しました。

 早速使って頂くと両側手すりを掴んでゆっくり上がっていけました。